My LIFE TIME VALUE[第四話]涼風 渚 子育てのために上越に移住した家族との出会い編
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

My LIFE TIME VALUE[第四話]涼風 渚 子育てのために上越に移住した家族との出会い編

新潟県

子育てのために上越に移住 大切なのは環境であることを、一時転居を機に実感

にいがた暮らし・しごと支援センターの相談員からの紹介で、子育て移住をした太田さんに会いに行きました。
太田さんは埼玉県から、旦那さんの実家がある上越市に家族で移住をされました。私の住まいの相談もできるかもしれないということで、お会いするのがとても楽しみでした。
太田さんは新型コロナウイルスの影響で、上越市に一時転居。環境が良く、生活がしやすいと感じ、正式に移住を決めたそうです。上越市に移住するまでの経緯を、たくさん聞くことができました。

・澄んだ空気や水に触れて、子どもの小児ぜんそくが改善したこと
・以前住んでいたところに比べて、今の住まいは土地が広く、騒音を気にしなくても良くなったこと
・今の環境は自然にあふれ、生活のスタイルがゆったりとしていること
・新鮮で美味しい食材が気軽に楽しめること

近くに住む旦那さんの両親も、子どもをとても可愛がってくれて、ストレスなく子育てできているそうです。

上越ではゆったり生活ができて、美味しいものも、たくさんの体験も子どもにさせてあげられる

「全ての生活がガラッと変わり、子どももたくましく元気いっぱいに育ってくれていて、移住して環境を変えることができて本当に幸せなんです。」と話してくれました。
子どもの頃こそ、のびのび育ってほしいのに、都会ではストレスを感じながら子育てをしていたという話にはとても共感ができました。家族が大好きなお刺身や貝を買ってきて、お寿司パーティーをしている時間が最近の贅沢時間だそうです。

そして、私の住まいの相談にも乗ってくれました。

・雁木通りは総延長が日本一で、由緒ある日本家屋が残されていること
・都会に比べると、お手頃価格の物件があること
・自分たちでDIYやリノベーションをして、満足のいく家に住んでいる人たちが多いこと

太田さんも、心が豊かになる住まいを見つけたそうです。
もう聞けば聞くほど羨ましくて、「私も早く移住したいです。」
そう言って太田さんと笑って話していました。本当にありがとうございました。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

新潟県の起業・創業に関する情報をリアルタイムにお届けします。

新潟県
新潟県の公式noteです。新潟県の起業・創業や企業誘致、移住促進などの産業分野、観光、採用に関する内容など、魅力あふれる新潟をお届けします!