見出し画像

公務員試験に合格したばかり内定者の「採用ガイダンス」に突撃取材!(令和4年11月11日)

新潟県

みなさん、こんにちは!採用担当Aです。
 
近頃は気温が下がり、雨模様も多くなりました。もうすぐ冬がやってきそうな気配。天気も良く気温も過ごしやすい時期はあっというま。
新潟の秋は短いものだなぁと改めて感じています。
 
さて今回は、そんな秋の終わりも近づいてきた時期に実施された内定者向け「採用ガイダンス」を紹介したいと思います。
この日集まったのは今年の公務員試験に合格して、来年4月からは県職員として一緒に働くことになる内定者の方たち。いくつかのグループに分かれ一堂に会しました!
せっかくの機会ですので、主催する人事課に「採用ガイダンスを取材させてください!」とお願いして、会場後方から見学させてもらいました。

さっそく部屋に入ってみると

参加される方は緊張しているんだろうなと思って部屋に入ってみると、みなさん和気あいあいとした雰囲気で話しており、会場内が暖かくなってました!
実は、今回の採用ガイダンスはコロナの影響もあり、リアルの場で実施するのは3年ぶり。(➢昨年のオンライン開催の状況はこちらから)
 
ガイダンス開始にあたり、担当者から「こうしてリアルに会えるせっかくの機会なので、休憩時間も含め、皆さんで積極的に交流してもらい良い時間にしてください」とアナウンスがありました。
それもあってか、みなさん打ち解けるのも早く、笑顔で話している姿がとても印象的でした。

ガイダンスの最初は

担当者から県職員の業務概要について説明後、内定者の皆さんから自己紹介がありました
トップバッターの方が自己紹介で志望動機を話すと、その次、その次と志望動機を話していく流れに。途中、担当者から「面接みたいになっていますね笑」とツッコミが入る場面もありましたが、この流れは最後まで続いていきました。
聞いていた私からすると、皆さんが県職員になろうとした想いを感じられる瞬間でもあり、私自身も初心を忘れずに取組まなければなと感じさせられるとともに、間もなく一緒に仕事ができるのだと思うと嬉しい気持ちになりました。

先輩職員との座談会

先輩職員3名(採用10年目、4年目、1年目)との座談会が行われました。
担当している仕事を詳しく話してもらった後は質問タイム!
 内定者からの質問では
・県職員の飲み会事情は?
・お昼ご飯はどうしている?
・県職員はまじめな雰囲気だけど、どんなプライベートを過ごしている?
・研修が充実していると思うが、仕事に活きたものは?
など、仕事からプライベートまで幅広い質問がありました。
実際に働く職員の雰囲気を感じながら話を聞くことができたのは、今後の仕事に対する実感が沸いたのではないでしょうか。

グループワーク

そのあとは、内定者同士でグループワーク。お題は「受験者数の確保について」
最近まで就職活動をしてきた自身の行動を振り返りながら話し合いを進め、試験制度や広報の仕方についてグループでまとめた意見の発表を行いました。
お互いの意見を積極的に話し合っており、会場内の熱気も上がっていました。

今回の採用ガイダンスでは同期同士のつながり、先輩職員との交流を通じて県職員として働く意識を持ってもらえる場だったのではないでしょうか。
職員一同、来年度の春には、ガイダンスを受けたみなさんと一緒に働く機会を楽しみにして待っております!

さいごに

内定者の方に聞いてみました!
Q和気あいあいと話されていたきっかけは何でしたか
・ほかのグループが話し出したら、しゃべりやすい環境で話ができた。
・担当の方から「せっかくの機会だから休憩時間でも話してみては」と声かけがあったので話しかけやすかった
・最初の話題は、出身地から☺
とのこと。出身地は様々ですが、新潟県というカテゴリで仲良くなれるので嬉しいですね。
 
Q4月から働きだすにあたり、期待は
・県内の様々な場所に行って、新潟県のことをもっと知りたい
・同期のみんなと仕事だけでなくプライべートでも時間を過ごして楽しみたい
 
最後に、何かポーズしましょう!という無茶ぶりにも、内定者の方から「新潟らしく「N」で!」とのことで形作ってくれました。

笑顔で快く応じてくださりありがとうございました♪

ほかの記事はこちら♪


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

新潟県の起業・創業に関する情報をリアルタイムにお届けします。