新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

My LIFE TIME VALUE[第一話]森山郷志 登場編

新潟県

実家の両親からの電話を機に、故郷へ帰ろうかな
東京から「にいがた」へのUターン

画像1

こんにちは、森山郷志です。私は東京で1人暮らしをしている会社員で、IT系の会社でSEとして働いています。最近はリモート出社も多くなって、結婚している先輩の中には家族で地方に移住して働いている人がいたりします。新卒から10年以上のキャリアを積んできた30代。コロナ禍ということもあって、「一度ここで自分の社会人生活を見直したい」と思うようになりました。先日、新潟の実家の両親と久しぶりに電話で話し、東京から離れて両親の近くで生活するのも選択肢の一つかなって。ただ、今の会社のままというよりはキャリアを生かした仕事や新しい生活の方に興味があって、不安もあるけどちょっと調べてみようかなって思っている今日この頃です。

画像2

仮に新潟に帰るにしても、賃貸で暮らすことになると思うけど、転職で多少給料が減っても、今の家賃より安くなるなら、それはそれでいいのかも。大学から東京に住んで10数年、忙しい日々に追われて、数回しか新潟には帰ってないけど、たまにはゆっくり新潟に行って、色々考えてみようかな。
仕事に追われるだけの東京の暮らしと比べて、もう少し人が少ないところでゆっくり暮らすのに憧れてきているのかな。30歳を超えて今更ながら自分に合った暮らしについて考えるようになってきた。

数年ぶりの新潟
以前よりも快適な空間が増えている気がした

画像3

新潟に帰ってきて久しぶりに高校近くの信濃川周辺を歩いたけど、感覚的にやっぱり居心地がいい。東京ほど人も多くないし、周りの景色を眺めながら歩けるのは、なんか自分に合っている。街並みも今っぽく変わってきていて、新潟に帰ろうかなって思いながら街を見ているからか、色々と発見があった。
本当に新潟に帰ってこようかなぁ。本気で考えてみようかなぁ。新潟へのUターン。この空気感、自分にやっぱり合っているのかも。

・歳を重ねた実家の両親のことが、だんだん心配になってきた。
・仕事ばかりしてきたけど、もう少し自分にフィットする生活がしたい。でも仕事探しと減収することへの不安はある。
・キャリアを生かせて、リモートでも働ける場所が理想かな。

画像4

東京の日常に戻った。ふとこの前の新潟帰省を思い出す。移住した先輩に相談してみようかな。先輩の今の生活ってどんな感じなんだろう。でも、転職ベースで考えると先輩には相談しづらいなぁ。
新潟…移住…相談…検索と。
お、なんだ「にいがた暮らし・しごと支援センター」っていうのがあるのか。面倒なのは苦手だけど、スマホで簡単に登録できて、新潟への転職を無料サポートしてくれるのか~。さっそく登録してみようかな。
なんとなく進んできた自分に合った暮らし探し、少し前向きな気持ちになったぞ。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

新潟県の起業・創業に関する情報をリアルタイムにお届けします。