見出し画像

新潟県のU・Iターン起業を応援!今、起業するなら新潟県が良い理由

新潟県

新潟で起業したいなら絶対に知っておきたい『U・Iターン創業応援事業』とは?

このU・Iターン創業応援事業は、公益財団法人にいがた産業創造機構(略称:NICO)による『新潟県外からのU・Iターンによる移住・定住促進と人口増加』『地域課題や社会課題の解決の助けとなる事業の促進』を目的に実施されている事業です。

令和4年度の『U・Iターン創業応援事業』の申請の受付が開始されました。「新潟に戻って地域のためにアクションを起こしたい!」「起業に興味がある!」という方にぜひチェックしていただきたい補助金制度です。

応募対象者となる方は、
UIターンをして県内に移住し募集開始日以降に起業する方
進学を機に県内に在住している県外出身の大学院生等で、募集開始日以降に県内で起業する方
有期雇用契約等により県内へ転居して就業している県外出身者で、県内で起業する方 (例:地域おこし協力隊員)
のいずれかに該当する方で、

・令和5年2月28日までに新潟県内で起業すること
地域課題や社会課題の解決を目的とした事業であること
が求められます。

【注意】応募前に事業内容を担当者に必ずお伝えください!事業内容が助成対象事業であるかどうかのご相談も可能です。

補助金の助成対象となるのは
① 設備や事業所の増改築費などの事業拠点開設費
② 人件費や賃借料、広告宣伝費などの事業促進費

創業に必要な経費(下限額50万円)の2分の1以内を支援し、雇用の有無に関わらず200万円を上限に助成されるため、初期費用を出来るだけ抑えたい新規事業者にはかなり嬉しい補助金制度となっています!


今、起業するなら新潟県が良い理由

令和4年1月時点で人口約217万人の新潟県。
日本海に沿い南北に伸びた新潟県は、上越新幹線で首都圏まで直通で約2時間とアクセス良好。

春には日本三大夜桜のひとつである『高田城址公園』、夏には日本三大花火大会と呼ばれる『長岡まつり大花火大会』、そして冬にはウィンタースポーツや、脂ののった海の幸と造りたての新酒を目当てにたくさんの観光客が訪れます。

今後も多くの関係人口が見込まれる新潟県ですが、残念ながら開業率の低さが課題として挙げられることもしばしば…
そこで新潟県は官民連携でスタートアップやベンチャー企業育成に力を入れることを決意!

特に、経済産業省が2018年に開始したJ-Startupプログラムの地域版として他地域がJ-Startup KANSAI、TOHOKU、KYUSHUと、エリアとして登録される中、北海道に並び新潟が県単位で立ち上がったことは今後の新潟のスタートアップ企業が特に期待されていることを示唆するのではないでしょうか?

新潟県内の注目企業や各地域での動きの詳細はこちらの記事からお読みいただけます。


併用できる補助金制度の紹介

起業・創業支援に併せた移住・定住支援にも注力している新潟県では、今回の起業支援金の交付決定を受けて1年以内であることを条件に、東京圏から県内に移住した方に対し、最大100万円(単身の場合最大60万円)を支給します。

18歳未満の世帯員を含む子育て世帯は30万円が加算されるなど、市町村によっては支給額も異なる可能性があるので、移住先市町村の各窓口でよくご確認ください。

近年、新潟県に縁のある若手経営者等が多く集まり、ベンチャーやスタートアップの支援等に関する活動を積極的に行っています。

あなたの夢を新潟で叶えませんか?
応募締め切りは令和4年6月13日(月)
ご応募詳細はこちらのバナーから!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

新潟県の起業・創業に関する情報をリアルタイムにお届けします。