マガジンのカバー画像

にいがた創業支援プラットフォーム

66
新潟県の起業・創業やベンチャー、スタートアップなどに関する情報をリアルタイムにお届けします。 https://niigata-sougyo.com/
運営しているクリエイター

記事一覧

【サテライトオフィス取材記事】企業と大学をツナグ

大学内にサテライトオフィスを新設し、大学と企業をつなぐ取り組みを行う新潟国際情報大学学長の越智敏夫氏にインタビューしました。大学が主導し、学内にサテライトオフィスをつくるという異例の取り組みに迫ります。 より良い大学生活のため、世間との窓口をつくる――大学主導で、構内にサテライトオフィスをつくる試みはなかなか珍しいと思います。どのような想いで始められたのでしょうか? 越智:大学生活において、学生はもっと学外に目を向けないともったいない、と思っています。私自身も大学時代、社

【イベントレポート】世界で活躍する起業家に学ぶ起業のすゝめ

イベント概要JBMC(ジャパン・ビジネスモデル・コンペティション)は、世界最大のリーンスタートアップ式ビジネスプランコンテストであるBMC Global(ビジネスモデル・コンペティション・グローバル)が日本で唯一認めるオフィシャル大会です。 JBMC新潟ラウンドの開催に先立ち、起業を目指す学生を対象に、ひとりひとりが取り組みたい社会への問いや、事業を通して叶えたい未来像を掘り起こすことを目的にしたプレイベント、『世界で活躍する起業家に学ぶ 起業のすゝめ』を開催しました。

【SN@P新潟支援パートナー特集】05_株式会社プラスワイズ

今回は『にいがたでの創業を応援するSN@P新潟支援パートナー』をテーマに、支援パートナーである株式会社プラスワイズ 代表取締役 中川勇太さんにお話を伺いました。30代で起業したバックグラウンドを持つ中川さんならではの目線からSN@P新潟の魅力をお伝えします! 第二創業という起業のカタチで地域にイノベーションをーーまずは事業内容と起業の経緯について教えてください 中川:株式会社プラスワイズは、国内外の農家の方を中心に農業用品・建築資材・スポーツ用品などの商品を販売するインター

『起業女子カフェ交流会』を開催します ーにいがた女性活躍起業応援事業ー

『にいがた女性活躍起業応援事業』(主催:公益財団法人にいがた産業創造機構、運営:新潟ベンチャーキャピタル株式会社)の最終プログラムとして『起業女子カフェ交流会』を開催します。 過去3回に渡り開催した起業セミナーを受講された参加者様へ、最後の後押し!最終プログラムにあたる今回は様々な分野の起業家や支援者と出会う・つながることを目的に、県内外で活躍する先輩女性起業家からの講演や、起業家や支援者との交流を行います。 過去のプログラムに参加されていない方でも、「起業に興味がある」

【SN@P新潟支援パートナー特集】04_株式会社モザイクワーク

今回は『にいがたでの創業を応援するSN@P新潟支援パートナー』をテーマに、支援パートナーである株式会社モザイクワーク代表取締役社長 杉浦二郎さんにお話を伺いました。40代で起業したバックグラウンドを持つ杉浦さんならでは目線からSN@P新潟の魅力をお伝えします! 新潟から人事をアップデートするーーまずは事業内容について詳しく伺えますでしょうか? 杉浦さん:人・組織を支援したいという想いで会社を立ち上げ、「人事制度」「採用」「人材育成」などをメインとした組織人事のコンサルティン

【後編】佐渡のさまざまな起業・創業を深堀り ーあなたにとって佐渡での起業とは?ー

「起業の島」として注目を浴びている佐渡島。なぜ、今、佐渡島が注目されているのか。なぜ、佐渡島が起業・創業に向いているのか。 前編では、島外から移住し島薬膳レストランと島でのウエディング事業を手掛けるメレパレカイコ 舘 恭志さん・倫子さんからお話を伺いました。 後編では、佐渡で初めてクラフトビールを造る『株式会社ビアパイント』藤原 敬弘さんと、D2Cのウェルネス事業に挑戦する『株式会社antead』代表取締役の 板垣 佑弥さんから、佐渡でのそれぞれの起業の形をお聞きします。

働き方の多様性を知る!上越キャリア勉強会が開催されました。

「自分の夢を叶えるためには、地元・上越から出るべき?」 「このまま上越にいて、やりたいことって見つかるの?」 「そもそも上越にはどんな大人がいるんだろう...。」 そんな悩みや疑問を持つ上越の学生を対象に、”上越でのキャリア” をテーマとした勉強会&交流会が上越の民間スタートアップ拠点『Furusatto(フルサット)』内、フルサットアップスで開催されました。 定員を超える15名の参加者のうち、11名が学生という、学生をターゲットにしたイベントはどんな内容だったのでしょう

【前編】佐渡のさまざまな起業・創業を深堀り ーあなたにとって佐渡での起業とは?ー

今、「起業の島」として注目を浴びている新潟県佐渡島。 なぜ、佐渡島で起業したのか。 なにを、佐渡島の起業・創業で成し遂げたいのか。 今回は前後編の2本立てで、実際に佐渡で起業した3社の起業家の皆様に「佐渡での起業について」お聞きします。前編にあたる本記事では島薬膳レストラン&イベント・ウエディングスペース『メレパレカイコ』をOPENされた舘 恭志さん・倫子さんに佐渡へ移住して起業した理由と、事業内容についてお聞きしました! 人口約20人の限界集落から佐渡の未来を考える【

【東北 x 新潟】スタートアップピッチを開催しました

【東北 x 新潟】スタートアップピッチ新潟と東北エリアを繋ぎ、地域で活動するスタートアップと支援者の連携・新たなリレーション創出に取り組んだイベントが開催されました。 新潟をはじめ宮城、秋田、青森から勢いのあるスタートアップが6社登壇!参加者のピッチに対しては各地の支援者、経営者からのコメントが次々と飛び出し、とても盛り上がりをみせたスタートアップピッチになりました! イベント概要日時:2022年10月14 日(金) 17時~19時 会場:オンライン(Zoomにて開催) 視

【JBMC新潟ラウンドプレイベント】世界で活躍する起業家に学ぶ起業のすゝめを開催します

JBMC(ジャパン・ビジネスモデル・コンペティション)は、世界最大のリーンスタートアップ式ビジネスプランコンテストであるBMC Global(ビジネスモデル・コンペティション・グローバル)が日本で唯一認めるオフィシャル大会です。 JBMC新潟ラウンドの開催に先立ち、起業を目指す学生を対象に、ひとりひとりが取り組みたい社会への問いや、事業を通して叶えたい未来像を掘り起こすことを目的にしたプレイベント、『世界で活躍する起業家に学ぶ 起業のすゝめ』を開催します。 イベントでは、

新潟から世界へ!NVS(新潟ベンチャーサミット)2022が開催されます

NVS(新潟ベンチャーサミット)2022とはNVS(新潟ベンチャーサミット)2022は、新潟ベンチャー協会(NVA)が主催する新潟県内のスタートアップの成長、県内企業の新たな成長のきっかけにつなげるイベントです! 県内経営者のみならず、首都圏で活躍されるスタートアップ経営者もお招きし、学びと新たなリレーション構築に繋げることを目的としています。 新潟のスタートアップ最新情報がここに詰まっている!? 当日は、①豪華なゲストによるパネルディスカッション、②7月に開催した「NVA

『Hokuhoku Hookup vol.2』最終ピッチイベントが開催されました

Hokuhoku Hookup(ほくほく フックアップ)とは、南魚沼市の六日町駅と上越市の犀潟駅を結ぶ「ほくほく線」を中心とした上・中越の課題からビジネスチャンスを発見〜提案までを行うピッチイベントです。 2022年9月10日(土)に開催されたHokuhoku Hookup vol.1では『沿線に根付いた地域資源や地域課題の共有』を、vol.2の今回はそれらの問題を解決に導くアイディアを持つ方々による『ピッチイベント』を開催しました。 起業家や、起業家志望の学生など、参加

満員御礼のvol.1に続き!『Hokuhoku Hookup vol.2』を開催します

満員御礼!Hokuhoku Hookup vol.1についてHokuhoku Hookup(ほくほく フックアップ)とは、南魚沼市の六日町駅と上越市の犀潟駅を結ぶ「ほくほく線」を中心とした上・中越の課題からビジネスチャンスを発見〜提案までを行うピッチイベントです。 vol.1 では「ほくほく線」を運営する北越急行株式会社と、十日町・湯沢・南魚沼・上越地域のスタートアップ拠点の各代表者4名が登壇し、沿線に根付いた地域資源や地域課題についてパネルディスカッション形式で共有。また

起業支援から上越をリードするフルサット【民間スタートアップ拠点】

新潟県では、起業・創業にチャレンジしたいという熱い想いをお持ちの方をサポートするため、県内に9つの“民間スタートアップ拠点”を設けています。 それぞれの地域や拠点の特色を生かし、新潟発のベンチャー・スタートアップのエコシステムを実践していく場として、すでに多くの方々にご活用いただいております。 民間スタートアップ拠点についてもっとたくさんの方々に知ってもらいたい…そんな想いから、今回は上越市の「フルサット」をご紹介します。 上越市のスタートアップ支援拠点である「フルサッ