マガジンのカバー画像

にいがた創業支援プラットフォーム

43
新潟県の起業・創業やベンチャー、スタートアップなどに関する情報をリアルタイムにお届けします。 https://niigata-sougyo.com/
運営しているクリエイター

#起業

夢中を追求し、新たな価値を生み出す 〜Jスタ新潟・経営者インタビュー⑥ 株式会社ソルメディエージ〜

今回は「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」の選定企業である、株式会社ソルメディエージの特集記事をお届けします。 株式会社ソルメディエージについてデザイン業務を主軸に、多岐に事業を展開しています。webコンテンツ制作、映像制作、グラフィックデザイン、ブランディング等に加え、最新技術を利用したデジタルサイネージや、プロジェクションマッピング、空間演出のプロデュースも行います。 弊社には、プロデューサー、ディレクターをはじめ、プランナー、デザイナー、プログ

スキ
3

田舎体験事業を首都圏の方へ。仕事も子育ても充実の新潟でIターン創業。

今回はU・Iターン創業応援事業で採択され、新潟でIターン創業をした株式会社いろむすび(以下、いろむすび)代表取締役の古林拓也さんにお話を伺いました。京都府で生まれ育ち、学生時代まで過ごされた古林さんは、大学院卒業後、東京の大手情報通信企業に就職されています。そんな古林さんが「なぜ新潟にIターンをし、株式会社いろむすびを創業されたのか」詳しくお聞きしてきました。 株式会社いろむすびとはーーどんな事業をしていますか? いろむすびが展開する事業は、地域商社事業、田舎体験型旅館事業

スキ
10

官民連携でスタートアップ支援 ー新潟県の現状とこれからー

2018年度、新潟県の開業率は全国46位。 政令指定都市でありながら、開業率の低さが課題として挙げられる新潟。 しかし、近年新潟県では官民が連携して起業家を生み出し、支援するスタートアップエコシステムの仕組みづくりが加速しています。 今回は、官民連携という視点から、新潟県創業・イノベーション推進課の田中健人課長と新潟ベンチャー協会(NVA)代表理事でもあり、株式会社ハードオフコーポレーション代表取締役社長の山本太郎さんに、新潟県の創業支援の考え方やターニングポイント、そし

スキ
6

女性の起業・創業を応援するイベント『NIIGATAフェムテック2022』を開催します!

『にいがた女性活躍起業応援事業』(主催:公益財団法人にいがた産業創造機構、運営:新潟ベンチャーキャピタル株式会社)のプログラム内における、2回目のセミナーが8月6日(土)に開催されます。今回は特にフェムテックにフォーカスしたイベントとなっています。 2回目の今セミナーの後は、ノウハウの提供や事業プランの作成を目的とした『起業講座』を新潟、長岡、上越の3地域で開催し、翌年1月には『交流会』を行う予定です。 起業に興味があるけれど、あともう一歩が踏み出せないあなた!ぜひこの機

スキ
5

シンガポールで培ったプロの広告運用ノウハウを活かし、新潟でUターン創業

今回はU・Iターン創業応援事業で採択され、新潟でUターン創業をした株式会社EIGHTS(以下、EIGHTS)代表取締役の大橋 大河さんにお話を伺いました。新潟市生まれ、新潟市育ちの大橋さんは、シンガポールにも留学・就職されています。そんな大橋さんが「なぜUターンをし、創業されたのか」詳しくお聞きしていきます。 株式会社EIGHTSとはーーどんな事業をしていますか? オンライン広告代理業を主軸に事業を展開しています。細かい範囲で言えば、特にSNS広告をメインに扱っていて、その

スキ
12

独自の技術領域を極め続ける 〜Jスタ新潟・経営者インタビュー④ 株式会社ガゾウ〜

今回は「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」の選定企業である、株式会社ガゾウの特集記事をお届けします。 株式会社ガゾウについてーーまず初めに、御社の事業について教えて下さい。 株式会社ガゾウは、2017年に県内の画像処理会社から独立して起業した、画像処理技術を応用して機器の開発と販売を行うメーカーです。 ソフトかハードのどちらかに特化した企業が多い中、弊社は画像処理技術を専門にすることで、ソフトとハードの双方を一貫して開発できます。社内で完結してソフト

スキ
4

【SN@P新潟支援パートナー特集】01_株式会社JOINT CREW

今回は『にいがたでの創業を応援するSN@P支援パートナー』をテーマに、1人目の支援パートナーである株式会社JOINT CREW代表取締役 村越 了さんにお話を伺いしました。未来の起業家必見です!(以下、敬称略。) 株式会社JOINT CREWについてーーまず初めに、会社の紹介をお願いします。 村越:JOINT CREWは「日本の子ども達を笑顔にする」ことをビジョンに掲げ、それに繋がることを事業として行っているWeb開発会社です。 事業の内容としては「地方特化型のシステム開発

スキ
10

第2回新潟ベンチャー協会ピッチ本選グランプリ「ともるい」室田CEOインタビュー

新潟県に縁のある若手経営者らが連携し、次世代の高成長なベンチャーや第二創業者を輩出しようと活動する新潟ベンチャー協会(NVA)によって開催された「第2回 NVAピッチ」で、栄えある最優秀賞グランプリを受賞されたのは、地方企業と都会で働く人とのマッチングサービス『ともるい』をテーマにプレゼンした室田雅貴さん。 株式会社Riparia(以下リぺリア)の代表取締役CEOである室田さんに、同サービスの立ち上げの経緯や、新潟のベンチャー企業としての意気込み、新潟にかける想いについて伺

スキ
10

新潟の大学生対象!5回目となる『新潟起業スクール2022』を開催しました

新潟ベンチャーキャピタル株式会社と新潟県が主催の『新潟起業スクール2022』が5月20日(金)に開催されました。 学生の起業意識の向上を目的に開催された当イベントは、新潟の起業家である渋谷修太氏や学生起業家を支える逸見覚氏を講演に招いた、新潟県内の大学生を対象に「起業」を学ぶことができるイベントとなっています。 イベントの主軸となっている新潟大学と新潟ベンチャーキャピタル株式会社のコラボによるワークショップでは、長尾准教授(新潟大学工学部 )による「アントレプレナーショッ

スキ
9

新潟県のU・Iターン起業を応援!今、起業するなら新潟県が良い理由

新潟で起業したいなら絶対に知っておきたい『U・Iターン創業応援事業』とは?令和4年度の『U・Iターン創業応援事業』の申請の受付が開始されました。「新潟に戻って地域のためにアクションを起こしたい!」「起業に興味がある!」という方にぜひチェックしていただきたい補助金制度です。 応募対象者となる方は、 ① UIターンをして県内に移住し募集開始日以降に起業する方 ② 進学を機に県内に在住している県外出身の大学院生等で、募集開始日以降に県内で起業する方 ③ 有期雇用契約等により県内へ

スキ
15

投資と人を新潟に呼び込む!NIIGATA STARTUP ACCELERATOR PROGRAMで見えた新潟で起業する魅力と可能性

「NIIGATA STARTUP ACCELERATOR PROGRAM」のピッチイベントが2月11日、オンラインにて開催されました。 約2カ月間にわたり行われた本プログラムは、新潟県内外から集まった豪華メンター陣が参加者のビジネスプランを直接ブラッシュアップ。集大成となる今回のピッチイベントでは、国内のベンチャーキャピタルや投資家に参加者がプレゼンを通じて投資を呼びかけました。 今回は視聴レポートとして、各企業によるピッチの概要や、審査員からのフィードバックについてご紹

スキ
10

「新潟県の地域課題」を解決する起業家8名によるピッチイベント!

こんにちは。新潟県創業・イノベーション推進課です。 今回は、気鋭の起業家8名が「新潟県の地域課題解決」をテーマに事業を提案する、オンラインイベントをご案内します! 「新潟県の地域課題」を解決する起業家8名によるピッチイベント! ~スタートアップ・アイデア活用PJ 成果報告~新潟県では、スタートアップから「新潟県の地域課題」を解決する斬新なアイデアを募り、事業化に向けた具体的な企画提案に繋げるためのプロジェクトを進めています。 このプロジェクトに参加している8社のスタートア

スキ
8

新潟と渋谷をつなぐオンラインイベント「GATA Pitch&Talk」2/25開催!

みなさん、こんにちは。新潟県創業・イノベーション推進課です。 2月25日(金)に開催されるイベント「GATA Pitch&Talk 2022」をご案内します! GATA Pitch&Talk 2022新潟県と渋谷QWSのコラボ企画。 新潟で将来性を期待されるJ-Startup NIIGATA企業によるピッチと、渋谷QWSに所属するメンターであるQWSコモンズによるトークイベントを開催します! IPOを目指す新潟のベンチャー企業が持つ強みや経営課題を赤裸々に語っていただきま

スキ
4

事業構想は最高にシンプル!「幸せに"生ききる"こと」の実現へ 〜Jスタ新潟・起業家インタビュー① 株式会社アイセック〜

「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」は、地域に根ざしたイノベーティブなスタートアップ企業を新潟県と関東経済産業局等が選定し、公的機関と民間企業が連携して集中的に支援することで、選定企業の飛躍的な成長と、新潟のスタートアップエコシステムの強化を目指す取り組みです。 ▼設立趣旨などについては、こちらの記事もご覧ください。 Jスタ新潟を通じた官民連携や選定企業同士の交流から生まれる新しい取り組み、事業の成長を後押しする仕組みづくりに、県内外から注目が集まっ

スキ
15