マガジンのカバー画像

にいがた創業支援プラットフォーム

62
新潟県の起業・創業やベンチャー、スタートアップなどに関する情報をリアルタイムにお届けします。 https://niigata-sougyo.com/
運営しているクリエイター

#新潟

【SN@P新潟支援パートナー特集】04_株式会社モザイクワーク

今回は『にいがたでの創業を応援するSN@P新潟支援パートナー』をテーマに、支援パートナーである株式会社モザイクワーク代表取締役社長 杉浦二郎さんにお話を伺いました。40代で起業したバックグラウンドを持つ杉浦さんならでは目線からSN@P新潟の魅力をお伝えします! 新潟から人事をアップデートするーーまずは事業内容について詳しく伺えますでしょうか? 杉浦さん:人・組織を支援したいという想いで会社を立ち上げ、「人事制度」「採用」「人材育成」などをメインとした組織人事のコンサルティン

スキ
3

【東北 x 新潟】スタートアップピッチを開催しました

【東北 x 新潟】スタートアップピッチ新潟と東北エリアを繋ぎ、地域で活動するスタートアップと支援者の連携・新たなリレーション創出に取り組んだイベントが開催されました。 新潟をはじめ宮城、秋田、青森から勢いのあるスタートアップが6社登壇!参加者のピッチに対しては各地の支援者、経営者からのコメントが次々と飛び出し、とても盛り上がりをみせたスタートアップピッチになりました! イベント概要日時:2022年10月14 日(金) 17時~19時 会場:オンライン(Zoomにて開催) 視

スキ
6

【JBMC新潟ラウンドプレイベント】世界で活躍する起業家に学ぶ起業のすゝめを開催します

JBMC(ジャパン・ビジネスモデル・コンペティション)は、世界最大のリーンスタートアップ式ビジネスプランコンテストであるBMC Global(ビジネスモデル・コンペティション・グローバル)が日本で唯一認めるオフィシャル大会です。 JBMC新潟ラウンドの開催に先立ち、起業を目指す学生を対象に、ひとりひとりが取り組みたい社会への問いや、事業を通して叶えたい未来像を掘り起こすことを目的にしたプレイベント、『世界で活躍する起業家に学ぶ 起業のすゝめ』を開催します。 イベントでは、

スキ
4

『Hokuhoku Hookup vol.2』最終ピッチイベントが開催されました

Hokuhoku Hookup(ほくほく フックアップ)とは、南魚沼市の六日町駅と上越市の犀潟駅を結ぶ「ほくほく線」を中心とした上・中越の課題からビジネスチャンスを発見〜提案までを行うピッチイベントです。 2022年9月10日(土)に開催されたHokuhoku Hookup vol.1では『沿線に根付いた地域資源や地域課題の共有』を、vol.2の今回はそれらの問題を解決に導くアイディアを持つ方々による『ピッチイベント』を開催しました。 起業家や、起業家志望の学生など、参加

スキ
9

【SN@P新潟支援パートナー特集】03_株式会社BSNアイネット

今回は『にいがたでの創業を応援するSN@P新潟支援パートナー』をテーマに、支援パートナーである株式会社BSNアイネット執行役員 坂田源彦さんにお話を伺いました。支援パートナー目線からSN@P新潟の魅力をお伝えします!(以下、敬称略。) BSNアイネットについてーー初めにBSNアイネットについての紹介をお願いします! 坂田:ちょっと固い説明にはなってしまうのですが、BSNアイネットは新潟を地場としてデータセンターやクラウドをベースにした多様な業種向けのITサービスを全国へと提

スキ
24

起業家支援のこれから ー起業後の飛躍的成長を目指して[後編]ー

前回は、新潟における起業支援の現状や今後についてご紹介しました。 今回は起業・創業支援について、スナップの支援を受けて新潟県から生まれた起業家のHUB SAUNA株式会社 代表取締役の冨田翼空さんと、民間の支援企業・団体という視点から、新潟イノベーションベース(以下:NIIB)代表理事の遠山功さんにお話を伺いました。 スナップ発の起業家から、会社立ち上げのリアルなお話を伺いました。まずは新潟大学在学時にスナップからサウナ事業で起業した冨田翼空さんに起業に至るまでの苦労や、

スキ
15

起業家支援のこれから ー起業後の飛躍的成長を目指して [前編]ー

前回は、新潟県の官民連携での起業・創業支援をする「スタートアップエコシステム」の仕組みや考え方についてご紹介しました。 今回は前回に引き続き、起業・創業支援について民間からの支援企業・団体という視点から、新潟県の民間スタートアップ拠点の中核拠点である株式会社スナップ新潟(以下:スナップ)代表取締役社長の逸見覚さんと、今まさに起業家予備軍として支援を受けている新潟大学経済科学部3年生の山田大翔さんにお話を伺いました。 まずは民間スタートアップ拠点の中でも中核拠点である、スナ

スキ
10

本当の魅力をリアルに届ける 〜Jスタ新潟・経営者インタビュー⑦ 株式会社リプロネクスト

今回は「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」の選定企業である、株式会社リプロネクストの特集記事をお届けします。 リアルを届けるWebマーケティング会社ーー株式会社リプロネクストについて教えてください。 私達は自社を紹介する時、よく『リアルを届けるWebマーケティング会社』と紹介します。Web上で、企業や地域の魅力のリアルな部分を届けるため、VRコンテンツ制作、メタバース開発やWebマーケティング事業を展開しています。 私達の強みは、お客様の ”本当の魅

スキ
9

夢中を追求し、新たな価値を生み出す 〜Jスタ新潟・経営者インタビュー⑥ 株式会社ソルメディエージ〜

今回は「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」の選定企業である、株式会社ソルメディエージの特集記事をお届けします。 株式会社ソルメディエージについてデザイン業務を主軸に、多岐に事業を展開しています。webコンテンツ制作、映像制作、グラフィックデザイン、ブランディング等に加え、最新技術を利用したデジタルサイネージや、プロジェクションマッピング、空間演出のプロデュースも行います。 弊社には、プロデューサー、ディレクターをはじめ、プランナー、デザイナー、プログ

スキ
6

官民連携でスタートアップ支援 ー新潟県の現状とこれからー

新潟県では官民が連携して起業家を生み出し、支援するスタートアップエコシステムの仕組みづくりが加速しています。 今回は、官民連携という視点から、新潟県創業・イノベーション推進課の田中健人課長と新潟ベンチャー協会(NVA)代表理事でもあり、株式会社ハードオフコーポレーション代表取締役社長の山本太郎さんに、新潟県の創業支援の考え方やターニングポイント、そして今後の新潟の目指す姿について、それぞれお伺いしました。(以下、敬称略) 起業に関する新潟県の現状ーー新潟は開業(起業・創業

スキ
13

世のため、人のためのテクノロジーを 〜Jスタ新潟・経営者インタビュー⑤ 株式会社KUNO〜

今回は前回に引き続き、「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」の選定企業である、株式会社KUNO(以下、KUNO)代表取締役社長の佐藤 傑さんにお話を伺いました。 Jスタ新潟についてーーJスタ新潟に選ばれてから変わったことはありましたか? 佐藤:僕がJスタ新潟に入ったのは、新潟VCの星野さんからの推薦でした。Jスタ新潟に選ばれてから少し経ち、他の選定企業と『Jスタ新潟仲間』として親近感が出てきたなというのが今の率直な感想です。Jスタ新潟をきっかけに、選定企

スキ
10

シンガポールで培ったプロの広告運用ノウハウを活かし、新潟でUターン創業

今回はU・Iターン創業応援事業で採択され、新潟でUターン創業をした株式会社EIGHTS(以下、EIGHTS)代表取締役の大橋 大河さんにお話を伺いました。新潟市生まれ、新潟市育ちの大橋さんは、シンガポールにも留学・就職されています。そんな大橋さんが「なぜUターンをし、創業されたのか」詳しくお聞きしていきます。 株式会社EIGHTSとはーーどんな事業をしていますか? オンライン広告代理業を主軸に事業を展開しています。細かい範囲で言えば、特にSNS広告をメインに扱っていて、その

スキ
15

独自の技術領域を極め続ける 〜Jスタ新潟・経営者インタビュー④ 株式会社ガゾウ〜

今回は「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」の選定企業である、株式会社ガゾウの特集記事をお届けします。 株式会社ガゾウについてーーまず初めに、御社の事業について教えて下さい。 株式会社ガゾウは、2017年に県内の画像処理会社から独立して起業した、画像処理技術を応用して機器の開発と販売を行うメーカーです。 ソフトかハードのどちらかに特化した企業が多い中、弊社は画像処理技術を専門にすることで、ソフトとハードの双方を一貫して開発できます。社内で完結してソフト

スキ
5

【SN@P新潟支援パートナー特集】02_弁護士法人中村・大城国際法律事務所

今回は『にいがたでの創業を応援するSN@P支援パートナー』をテーマに、第1回に続き、支援パートナーである弁護士法人中村・大城国際法律事務所の中村 崇弁護士にお話を伺いました。一般企業の経営者とはまた違った目線から感じたSN@Pの魅力や、支援内容について深堀りします!(以下、敬称略。) 中村・大城国際法律事務所についてーー初めに、中村さんと法律事務所について教えてください。 中村:私は新潟県旧西蒲原郡黒埼町(現新潟市西区)出身で、高校までを新潟で育ち、大学から東京に進学しまし

スキ
6