マガジンのカバー画像

にいがた創業支援プラットフォーム

43
新潟県の起業・創業やベンチャー、スタートアップなどに関する情報をリアルタイムにお届けします。 https://niigata-sougyo.com/
運営しているクリエイター

#創業

夢中を追求し、新たな価値を生み出す 〜Jスタ新潟・経営者インタビュー⑥ 株式会社ソルメディエージ〜

今回は「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」の選定企業である、株式会社ソルメディエージの特集記事をお届けします。 株式会社ソルメディエージについてデザイン業務を主軸に、多岐に事業を展開しています。webコンテンツ制作、映像制作、グラフィックデザイン、ブランディング等に加え、最新技術を利用したデジタルサイネージや、プロジェクションマッピング、空間演出のプロデュースも行います。 弊社には、プロデューサー、ディレクターをはじめ、プランナー、デザイナー、プログ

スキ
3

田舎体験事業を首都圏の方へ。仕事も子育ても充実の新潟でIターン創業。

今回はU・Iターン創業応援事業で採択され、新潟でIターン創業をした株式会社いろむすび(以下、いろむすび)代表取締役の古林拓也さんにお話を伺いました。京都府で生まれ育ち、学生時代まで過ごされた古林さんは、大学院卒業後、東京の大手情報通信企業に就職されています。そんな古林さんが「なぜ新潟にIターンをし、株式会社いろむすびを創業されたのか」詳しくお聞きしてきました。 株式会社いろむすびとはーーどんな事業をしていますか? いろむすびが展開する事業は、地域商社事業、田舎体験型旅館事業

スキ
10

官民連携でスタートアップ支援 ー新潟県の現状とこれからー

2018年度、新潟県の開業率は全国46位。 政令指定都市でありながら、開業率の低さが課題として挙げられる新潟。 しかし、近年新潟県では官民が連携して起業家を生み出し、支援するスタートアップエコシステムの仕組みづくりが加速しています。 今回は、官民連携という視点から、新潟県創業・イノベーション推進課の田中健人課長と新潟ベンチャー協会(NVA)代表理事でもあり、株式会社ハードオフコーポレーション代表取締役社長の山本太郎さんに、新潟県の創業支援の考え方やターニングポイント、そし

スキ
6

世のため、人のためのテクノロジーを 〜Jスタ新潟・経営者インタビュー⑤ 株式会社KUNO〜

今回は前回に引き続き、「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」の選定企業である、株式会社KUNO(以下、KUNO)代表取締役社長の佐藤 傑さんにお話を伺いました。 Jスタ新潟についてーーJスタ新潟に選ばれてから変わったことはありましたか? 佐藤:僕がJスタ新潟に入ったのは、新潟VCの星野さんからの推薦でした。Jスタ新潟に選ばれてから少し経ち、他の選定企業と『Jスタ新潟仲間』として親近感が出てきたなというのが今の率直な感想です。Jスタ新潟をきっかけに、選定企

スキ
10

女性の起業・創業を応援するイベント『NIIGATAフェムテック2022』を開催します!

『にいがた女性活躍起業応援事業』(主催:公益財団法人にいがた産業創造機構、運営:新潟ベンチャーキャピタル株式会社)のプログラム内における、2回目のセミナーが8月6日(土)に開催されます。今回は特にフェムテックにフォーカスしたイベントとなっています。 2回目の今セミナーの後は、ノウハウの提供や事業プランの作成を目的とした『起業講座』を新潟、長岡、上越の3地域で開催し、翌年1月には『交流会』を行う予定です。 起業に興味があるけれど、あともう一歩が踏み出せないあなた!ぜひこの機

スキ
5

シンガポールで培ったプロの広告運用ノウハウを活かし、新潟でUターン創業

今回はU・Iターン創業応援事業で採択され、新潟でUターン創業をした株式会社EIGHTS(以下、EIGHTS)代表取締役の大橋 大河さんにお話を伺いました。新潟市生まれ、新潟市育ちの大橋さんは、シンガポールにも留学・就職されています。そんな大橋さんが「なぜUターンをし、創業されたのか」詳しくお聞きしていきます。 株式会社EIGHTSとはーーどんな事業をしていますか? オンライン広告代理業を主軸に事業を展開しています。細かい範囲で言えば、特にSNS広告をメインに扱っていて、その

スキ
12

独自の技術領域を極め続ける 〜Jスタ新潟・経営者インタビュー④ 株式会社ガゾウ〜

今回は「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」の選定企業である、株式会社ガゾウの特集記事をお届けします。 株式会社ガゾウについてーーまず初めに、御社の事業について教えて下さい。 株式会社ガゾウは、2017年に県内の画像処理会社から独立して起業した、画像処理技術を応用して機器の開発と販売を行うメーカーです。 ソフトかハードのどちらかに特化した企業が多い中、弊社は画像処理技術を専門にすることで、ソフトとハードの双方を一貫して開発できます。社内で完結してソフト

スキ
4

事業構想は最高にシンプル!「幸せに"生ききる"こと」の実現へ 〜Jスタ新潟・起業家インタビュー① 株式会社アイセック〜

「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」は、地域に根ざしたイノベーティブなスタートアップ企業を新潟県と関東経済産業局等が選定し、公的機関と民間企業が連携して集中的に支援することで、選定企業の飛躍的な成長と、新潟のスタートアップエコシステムの強化を目指す取り組みです。 ▼設立趣旨などについては、こちらの記事もご覧ください。 Jスタ新潟を通じた官民連携や選定企業同士の交流から生まれる新しい取り組み、事業の成長を後押しする仕組みづくりに、県内外から注目が集まっ

スキ
15

お米の国からお米を使った持続可能な社会を創る〜Jスタ新潟・経営者インタビュー③ 株式会社バイオマスレジン南魚沼〜

「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」は、地域に根ざしたイノベーティブなスタートアップ企業を新潟県と関東経済産業局等が選定し、公的機関と民間企業が連携して集中的に支援することで、選定企業の飛躍的な成長と、新潟のスタートアップエコシステムの強化を目指す取り組みです。 ▼設立趣旨などについては、こちらの記事もご覧ください。 Jスタ新潟には現在20社が選定されており、その事業内容もメーカー・農業分野・Webサービスなど多種多様です。 その中で、  (1)成

スキ
16

地域の課題を、地域にいながら解決し続けることで価値を創造する 〜Jスタ新潟・起業家インタビュー② 株式会社クーネルワーク〜

「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」は、地域に根ざしたイノベーティブなスタートアップ企業を新潟県と関東経済産業局等が選定し、公的機関と民間企業が連携して集中的に支援することで、選定企業の飛躍的な成長と、新潟のスタートアップエコシステムの強化を目指す取り組みです。 Jスタ新潟には現在20社が選定されており、その事業内容もメーカー・農業分野・Webサービスなど多種多様です。 ①成長性 ②新規性・独創性 ③優位性 ④社会性 以上の4つの観点から選定された

スキ
19

Jスタ企業登場!「地方発!ベンチャー企業ミートアップ~J-Startup NIIGATA特集~」

こんにちは!新潟県創業・イノベーション推進課です。 今回の投稿では、8月20日に開催したミートアップイベント 「地方発!ベンチャー企業ミートアップ~J-Startup NIIGATA特集~」 のイベントについて紹介します✨ 地方発!ベンチャー企業ミートアップとは、地方の成長意欲の高いベンチャー企業に対してプレゼン機会を定期的に設け、東京圏のVC・大企業等とのネットワークを構築する機会を提供し、ベンチャー企業の成長を応援する関東経済産業局主催のイベントです。 今回は、J-S

スキ
15

【新潟県湯沢町・だんろの家】冬だけじゃない、春夏秋も楽しめる越後湯沢でワーケーションしませんか?【民間スタートアップ拠点】

新潟県では、起業・創業にチャレンジしたいという熱い思いをお持ちの方をサポートするため、県内に9つの“民間スタートアップ拠点”を設けています。 それぞれの地域や拠点の特色を生かし、新潟発のベンチャー・スタートアップのエコシステムを実践していく場として、すでに多くの方々にご活用いただいております。 にいがた創業支援プラットフォーム(https://niigata-sougyo.com/)より 民間スタートアップ拠点についてもっとたくさんの方々に知ってもらいたい…そんな思いか

スキ
19

大学院生・公務員・起業家の“3足のわらじ”で新潟に根ざす横山さんが感じた、新潟だからこそできる起業の形

新潟県にゆかりのある経営者や起業家、行政を中心に構成する新潟ベンチャー協会(NVA)主催の佐渡合宿ピッチイベントで、オンラインでの活動の成果を可視化するプラットフォーム「Prossell Community」について発表した株式会社プロッセル(新潟県長岡市)代表取締役社長の横山和輝さんが優秀者となりました。 横山さんが起業を志したきっかけや、新潟に根ざして活動する強みなどについて伺いました(敬称略、インタビューはオンラインにて実施しました)。 <プロフィール> 横山 和輝

スキ
21

新潟には "サードドア" が開いている 釣果共有×ゲーム体験「FishRanker」の谷川奨さんが感じる、起業家にとっての新潟の可能性

新潟県にゆかりのある経営者や起業家、行政を中心に構成する新潟ベンチャー協会(NVA)主催の佐渡合宿ピッチイベントで、釣果共有とゲーミフィーションを掛け合わせたアプリ「FishRanker」について発表したSIIG株式会社(新潟県柏崎市)CEOの谷川奨さんが最優秀者となりました。 同サービスの立ち上げの経緯や、新潟を拠点に活動することへの思いなどについて、谷川さんに伺いました(敬称略、インタビューはオンラインにて実施しました)。 <プロフィール> 谷川 奨(たにかわ・しょう

スキ
37