マガジンのカバー画像

にいがた創業支援プラットフォーム

43
新潟県の起業・創業やベンチャー、スタートアップなどに関する情報をリアルタイムにお届けします。 https://niigata-sougyo.com/
運営しているクリエイター

#ベンチャー

第2回新潟ベンチャー協会ピッチ本選グランプリ「ともるい」室田CEOインタビュー

新潟県に縁のある若手経営者らが連携し、次世代の高成長なベンチャーや第二創業者を輩出しようと活動する新潟ベンチャー協会(NVA)によって開催された「第2回 NVAピッチ」で、栄えある最優秀賞グランプリを受賞されたのは、地方企業と都会で働く人とのマッチングサービス『ともるい』をテーマにプレゼンした室田雅貴さん。 株式会社Riparia(以下リぺリア)の代表取締役CEOである室田さんに、同サービスの立ち上げの経緯や、新潟のベンチャー企業としての意気込み、新潟にかける想いについて伺

スキ
10

新潟県のU・Iターン起業を応援!今、起業するなら新潟県が良い理由

新潟で起業したいなら絶対に知っておきたい『U・Iターン創業応援事業』とは?令和4年度の『U・Iターン創業応援事業』の申請の受付が開始されました。「新潟に戻って地域のためにアクションを起こしたい!」「起業に興味がある!」という方にぜひチェックしていただきたい補助金制度です。 応募対象者となる方は、 ① UIターンをして県内に移住し募集開始日以降に起業する方 ② 進学を機に県内に在住している県外出身の大学院生等で、募集開始日以降に県内で起業する方 ③ 有期雇用契約等により県内へ

スキ
15

新発田で起業!HARDOFF Startup Shibata【民間スタートアップ拠点紹介】

新潟県新発田市にあるスタートアップ支援拠点、HARDOFF Startup Shibata(略称:HSS)。私たちは起業を目指す方や、起業して間もない方のサポートを目的としています。 HSSはJR白新線 西新発田駅から徒歩1分。 イオン新発田店の向かいに位置します。 定食屋さん、喫茶店なども近くにある便利な場所です。 HSSのメインスペース前のガラスに入居企業のロゴを貼っています。 起業する方が増え、このガラスがロゴでいっぱいになることを願っています! メインスペース室

スキ
8

「新潟県の地域課題」を解決する起業家8名によるピッチイベント!

こんにちは。新潟県創業・イノベーション推進課です。 今回は、気鋭の起業家8名が「新潟県の地域課題解決」をテーマに事業を提案する、オンラインイベントをご案内します! 「新潟県の地域課題」を解決する起業家8名によるピッチイベント! ~スタートアップ・アイデア活用PJ 成果報告~新潟県では、スタートアップから「新潟県の地域課題」を解決する斬新なアイデアを募り、事業化に向けた具体的な企画提案に繋げるためのプロジェクトを進めています。 このプロジェクトに参加している8社のスタートア

スキ
8

新潟と渋谷をつなぐオンラインイベント「GATA Pitch&Talk」2/25開催!

みなさん、こんにちは。新潟県創業・イノベーション推進課です。 2月25日(金)に開催されるイベント「GATA Pitch&Talk 2022」をご案内します! GATA Pitch&Talk 2022新潟県と渋谷QWSのコラボ企画。 新潟で将来性を期待されるJ-Startup NIIGATA企業によるピッチと、渋谷QWSに所属するメンターであるQWSコモンズによるトークイベントを開催します! IPOを目指す新潟のベンチャー企業が持つ強みや経営課題を赤裸々に語っていただきま

スキ
4

事業構想は最高にシンプル!「幸せに"生ききる"こと」の実現へ 〜Jスタ新潟・起業家インタビュー① 株式会社アイセック〜

「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」は、地域に根ざしたイノベーティブなスタートアップ企業を新潟県と関東経済産業局等が選定し、公的機関と民間企業が連携して集中的に支援することで、選定企業の飛躍的な成長と、新潟のスタートアップエコシステムの強化を目指す取り組みです。 ▼設立趣旨などについては、こちらの記事もご覧ください。 Jスタ新潟を通じた官民連携や選定企業同士の交流から生まれる新しい取り組み、事業の成長を後押しする仕組みづくりに、県内外から注目が集まっ

スキ
15

新潟でスタートアップのエコシステムを!J-Startup NIIGATA 2021年度下半期トピックスまとめ

あらたなスタートアップ支援の枠組みとして2021年春に創設された「J-Startup NIIGATA」。 IT、アグリ、医療、ものづくりなど新潟県内の多様な分野から20社が選定されています。 「J-Startup NIIGATA」は、地域に根ざしたイノベーティブなスタートアップ企業を選定し、 公的機関と民間企業が連携して集中的に支援することで、選定企業の飛躍的な成長と、 新潟のスタートアップエコシステムの強化を目指す取組です。  今回は、J-Startup NIIGATA

スキ
9

お米の国からお米を使った持続可能な社会を創る〜Jスタ新潟・経営者インタビュー③ 株式会社バイオマスレジン南魚沼〜

「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」は、地域に根ざしたイノベーティブなスタートアップ企業を新潟県と関東経済産業局等が選定し、公的機関と民間企業が連携して集中的に支援することで、選定企業の飛躍的な成長と、新潟のスタートアップエコシステムの強化を目指す取り組みです。 ▼設立趣旨などについては、こちらの記事もご覧ください。 Jスタ新潟には現在20社が選定されており、その事業内容もメーカー・農業分野・Webサービスなど多種多様です。 その中で、  (1)成

スキ
16

J-Startup NIIGATA 2021年度上半期トピックスまとめ

あらたなスタートアップ支援の枠組みとして2021年春に創設された「J-Startup NIIGATA」。 IT、農漁業、医療、ものづくりなど新潟県内の多様な分野から20社が選定されています。 「J-Startup NIIGATA」は、地域に根ざしたイノベーティブなスタートアップ企業を選定し、公的機関と民間企業が連携して集中的に支援することで、選定企業の飛躍的な成長と、新潟のスタートアップエコシステムの強化を目指す取り組みです。 今回の記事では、2021年上半期のJ-Sta

スキ
11

【2021年版】新潟県内のスタートアップ・ベンチャー企業動向まとめ

開業率の低さが課題として挙げられることも多い新潟県ですが、昨今では、行政・民間ともに起業支援の体制が整い、スタートアップやベンチャー企業育成の機運が高まっているところです。 2021年のメイントピックスとしては、経済産業省が2018年に開始したJ-Startupプログラムの地域版として、新潟発のロールモデルとなるスタートアップ企業を選定し、官民連携により集中的に支援する仕組みを構築することで、新潟県におけるスタートアップエコシステムを強化する取組、「J-Startup NI

スキ
14

「社長が日本一多いまち」と言われる燕三条で、次の"社長"をつくる

2021年11月某日。 社長が日本一多いまちと言われる燕三条で、次の"社長"をつくるためのイベントが開催されました。 その名も「燕三条発!プチ社長ゼミ」これは新潟県の起業創業支援に取り組む新潟ベンチャーキャピタル株式会社と、小学生向け起業家教育プログラムを作っている北陸先端技術大学院大学 姜理惠研究室、そして新潟県スタートアップ拠点に認定されている燕市・MGNETが連携して開催するプログラム。 対象は、小学生。 小学生一人一人が会社の社長となった気持ちとなり まちの課題を

スキ
20

地域の課題を、地域にいながら解決し続けることで価値を創造する 〜Jスタ新潟・起業家インタビュー② 株式会社クーネルワーク〜

「J-Startup NIIGATA(以下、Jスタ新潟)」は、地域に根ざしたイノベーティブなスタートアップ企業を新潟県と関東経済産業局等が選定し、公的機関と民間企業が連携して集中的に支援することで、選定企業の飛躍的な成長と、新潟のスタートアップエコシステムの強化を目指す取り組みです。 Jスタ新潟には現在20社が選定されており、その事業内容もメーカー・農業分野・Webサービスなど多種多様です。 ①成長性 ②新規性・独創性 ③優位性 ④社会性 以上の4つの観点から選定された

スキ
19

十日町市に新たな価値の創造拠点を シェアアトリエアスト【民間スタートアップ拠点紹介】

スタートアップが生まれ育つエコシステムを新潟に作ろうと、新潟県は県内各地に民間スタートアップ拠点を設置しています。 地域の状況や拠点のコンセプトなどによって活動や運営の形は実に様々。その多様性が、これまた多彩な形のスタートアップムーブメントを支える重要な土台となっています。 今回はその一つで“アート”を軸に地域のスタートアップの機運を盛り上げる「シェアアトリエアスト(asto)」をご紹介します。 どうぞご覧ください✨ 「何かを作り出したい人」のための拠点に (リノベ

スキ
7

スタートアップ支援のリアルな課題とは?「NIIGATAスタートアップ支援サミット2021」パネルディスカッション

「NIIGATAスタートアップ支援サミット2021」後半のパネルディスカッションでは、スタートアップ支援の輪が広がる中、県内の取り組みをどのような指標で評価するべきかについて議論。オール新潟による支援でシードステージ※1 からアーリーステージ※2 へと進むスタートアップが増える中、資金需要対応の重要性などについても意見を交わしました。 スタートアップを支援する際に直面する課題に正面から向き合い、解決の糸口を探ったパネルディスカッションの様子をどうぞご覧ください✨ ※1 シ

スキ
11